FC2ブログ

町田康 『ギケイキ 千年の流転』

町田康『ギケイキ 千年の流転』(河出文庫)を読む。



「ギケイキ」は源義経を主人公とした『義経記』を現代風にリライトしたもの。
全4巻(予定)のうちの第1巻です。

高野秀行、清水克行の対談本、
『辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦』 (集英社インターナショナル)で
紹介されていたので興味を持ち、調べてみると
7月に第2巻『ギケイキ 奈落への飛翔』が出版されていました。

とりあえず文庫化された第1巻を買った次第です。



義経の霊が現代人に語る、という形式なので、出てくる地名は現在の地名。
かなり砕けた言葉使いで、筒井康隆を思わせる語り口です。

図書館で原典の『義経記』(小学館 新編日本古典文学全集62)を
読んでみたのですが、



ストーリーの展開は原典の通り。
荒唐無稽な話かと思ったら、原点にある内容でした。
と、いうことは、原点に忠実に書かれている、ということです。

てきとーにブロークンな現代語にしているだけか、と思いきや、
かなり資料を読み込んで書かれていることがわかります。

たとえば、「そうこうするうちに私は、法眼の身辺近くで働く、
幸寿のまつ、という女を、申し訳ない、こました。
(中略)しかも私からこましていったのではなく、
向こうから粉をかけてきたというか、なにかというと
私の身の回りの世話をしたがって、そうこうするうちに
そういうことになってしまったのだ。」(168頁)。

口語訳では「さてそうこうしているうち
法眼の邸内にかうじのまつという女がいた。
低い身分の者ではあったが、思いやりのあるもので
始終御曹司の身を気遣ってお訪ね申し上げていたが、
そのうち自然に親しい仲になった。」(87頁)

義経は鬼一法眼という僧の秘蔵する『六韜』を読むため、
屋敷の中の人物に探りを入れようと、女に近づきます。
原典では婉曲な表現になっていますが、
ハッキリ言えば「こました」わけです。

まつは『六韜』を手に入れるため、
義経と法眼の娘を深い仲にすることを提案します。

この辺り、サバサバしているというのか、
当時の道徳観というのか、原点を忠実に再現しています。

原点にはない、当時の社会事情や人物の心象などは、
義経がわかりやすく補足説明しています。

原典の注釈を読むだけでは理解しにくい部分も、
作者独自の解釈を交えて書かれています。

現代語訳ではなく原文だけならば、こちらで読めます。

<義経記(国民文庫)>
http://www.j-texts.com/sheet/kgikei.html

『義経記』は巻一から巻八までありますが、『ギケイキ 千年の流転』は
巻三まで、つまり義経の出生から頼朝に会う直前までを描いています。

もう第二巻『ギケイキ 奈落への飛翔』が発売されているので、
単行本を買うかどうか、けっこう悩むところです。
スポンサーサイト



平成30年度 公務員合格祝賀・交流会

2018年12月9日にヒルトンホテル大阪で行われた
「平成30年度 公務員合格祝賀・交流会」に参加しました。

学内講座の担当がメインなので、本校の受講生さんとはあまり接点がありません。
それでも、神戸本校の受講生さんから声をかけていただきました。
お役にたてていたとすれば幸いです。

ABCラジオ「サイキック青年団」のリスナー(のちに判明)だった
八上雅之先生(梅田駅前本校担任・左端の人です。)に写真をいただきました。

合格祝賀交流会

八上先生も私も「サイキック青年団」でハガキを読まれたことがある、
という点で共通しています。八上先生の投稿の音源はこちら。




高野秀行 『イスラム飲酒紀行』

高野秀行『イスラム飲酒紀行』(講談社文庫)を読む。



「私は酒飲みである。休肝日はまだない。」という酒好きの高野氏。

なので、飲酒が禁じられているイスラム圏の国を取材しても、
酒を求めて東奔西走してしまいます。

本来の取材目的は別にあるのですが、
イスラム圏での飲酒にまつわるエピソードを集めたのがこの本です。

イスラム圏でも外国人向けの高級ホテルやレストランで飲酒は可能ですが、
そんなことで満足する高野氏ではありません。

現地の人が飲む酒を求めての抱腹絶倒(の話に仕立てていますが)の
エピソードが繰り広げられます。

パキスタン、アフガニスタン、イラン、マレーシア、トルコ、
シリア、ソマリランド…

イスラームの掟に縛られない仏教徒の高野氏は、
酒を求めて地元の人々と交流を深めます。

そして、バングラデシュの少数民族(上座部仏教徒)の居住地で
地酒を楽しんでいたとき、本書の執筆意図を覆すような
大どんでん返しがありました。

それは最後まで読んでのお楽しみということで…

イスラムにおける酒とは、日本における「未成年の飲酒」に極めて近い。
公には原則的にダメなのである。だが他の生活態度が普通であれば、
個人が何かの機会にちょこちょこっと嗜むくらいは大目に見られている。

(19頁)

イスラム圏に「ホンネとタテマエの裏表がある」というよりは、
仏教徒が「ゆるすぎる」のかもしれませんね。

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(吹替版)

イオンシネマ久御山
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を見ました。



「スター・ウォーズ」のスピンオフで
「エピソード4/新たなる希望」の直前のエピソードです。



エピソード4のオープニングで
時は内乱のさなか。凶悪な銀河帝国の支配に反乱軍の秘密基地から奇襲を仕掛け
帝国に対し初めて勝利を収めた。更にその戦闘の合間に反乱軍のスパイは
帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。
それは”デス・スター”と呼ばれ惑星をも粉々にするパワーを持つ宇宙要塞基地だった。
凶悪な帝国軍に追われながらレイア姫は盗み出した設計図を手に故郷へと急いだ。
人類を救い銀河に自由を取り戻すために....
」とありますが、
この話をそのまま映画化したのが「ローグ・ワン」です。

ネタバレ抜きでストーリーを説明するなら、これです。

なので、結末も含めてネタバレ済みと言えなくもないのですが…



なぜか劇場ロビーにストーム・トルーパーがいたので、
記念撮影をしました。

レイトショーの時間なので20時を過ぎたころ。

ファンのコスプレではないはずなので、劇場関係者でしょう。
遅くまでお疲れ様です。



入場時に記念品を貰いましたが、初日限定でしょうか?



さて、ストーリーはいたってシンプル。

反乱軍のスパイが帝国軍の宇宙要塞「デス・スター」の設計図を盗み出し、
それがレイア姫の手に渡るまでの一連の動きが描かれます。

デス・スターの設計図を盗み出す特殊部隊のコールサインが「ローグ・ワン」。
彼らには「バクシンガー」のような運命が待っているのですが…



「ローグ・ワン」の面々はキャラが立っているのですが、
特に盲目の僧侶・チアルート・イムウェ(ドニー・イェン)は
座頭市を思わせるアクションで楽しませてくれます。

フォースの存在を固く信じてはいますが、ジェダイではなく、ただの人です。

人間以外にも帝国軍のドロイドだったK-2SOが登場。
ドロイドなんですが、いい味出してます。

話が進むにつれて「黒富野」のような展開になるのですが、
「エピソード4」で彼らの「希望」が現実になる未来を知っているので、
全体としては救いのある終わり方になっています。

それにしても、デス・スターの存在を知って降伏論が出てくるなど、
反乱同盟軍側の統制のとれなさが浮き彫りにされていました。

後に新共和国の議長となるモン・モスマ元老院議員も
初期のころは反乱軍をまとめるのに苦労してたんですね。



さて、「スター・ウォーズ」シリーズからはR2-D2とC3-POがカメオ出演。

帝国のナンバー2であるターキン総督もCGで復活。
そこそこセリフもあって、重鎮としての存在感を示しています。

そしてダース・ベイダーもひさびさのスクリーン復帰。
ベイダー卿をスクリーンで見るのは初めてでした。

ラストにレイア姫が登場しますが、CGではなく、
ノルウェーの女優イングヴィルド・デイラです。

てっきりCGかと思ったのですが…



映画のエンディングが「エピソード4」の10分前の設定なので、
このまま続けて「新たなる希望」を見たくなってしまいました。

もしかしたら、レンタル店に行っても、
エピソード4はすべて「レンタル中」になっているかも。

今回は吹替版で見ましたが、もう一度字幕版で見てもいいかな、
なんて思ったりなんかしました。

欅坂46 デビューシングル「サイレントマジョリティー」全国握手会@京都パルスプラザ

京都パルスプラザで行われた
欅坂46デビューシングル「サイレントマジョリティー」の
全国握手会に行きました。



12時30分ごろ到着。



CDに封入されている全国握手会イベント参加券を
ミニライブ観覧券と交換します。

ミニライブ会場に入るときにボディチェックはありません。

後から2番目のCブロックでミニライブの開始を待ちます。



12時55分、影アナ(今泉佑唯、小林由依)。

ゆいちゃんずによる影アナ。

最初はプロのようなアナウンスでしたが、
終わりの方でグダグダになりました。

13時00分、ミニライブ開始です。

M00 overture

M01 サイレントマジョリティー(選抜+長濱)

長濱ねるだけ衣装の色が違いました。
ひらがなけやきは別衣装なのでしょうか。



MC1(募金の告知など)

M02 君がいない

MC2(今日の意気込み)

今泉佑唯・尾関梨香(第2レーン)
上村莉菜・渡邉理佐(第3レーン)
小林由依・佐藤詩織(第6レーン)の6人が
今日の意気込みを述べました。

M03 山手線



MC3(今日の意気込み)

齋藤冬優花・平手友梨奈(第7レーン)
志田愛佳・鈴本美愉  (第8レーン)
菅井友香・土生瑞穂  (第9レーン)
織田奈那・守屋茜   (第4レーン)の8人が
今日の意気込みを述べました。

M04 渋谷川



MC4(今日の意気込み)

長沢菜々香・渡辺梨加(第10レーン)
小池美波・米谷奈々未(第5レーン)
石森虹花・長濱ねる (第1レーン)の6人が
今日の意気込みを述べました。

M05 乗り遅れたバス

MC5(今日の感想)

M06 手を繋いで帰ろうか



13時48分、ミニライブ終了。

女性・児童エリアで退場を希望する人から規制退場となります。

女性・児童エリア→Aブロック→Bブロック→Cブロックの順に
規制退場しました。

会場の外で握手会の待機列がつくられました。



14時34分、列移動を行う旨のアナウンス。

ゆるゆると列が進み、会場へと近づきます。



会場入り口で金属探知機によるボディチェックが行われ、
レーンの待機列に並びます。

CDを1枚しか買っていないので、
握手券は1枚だけです。

レーン分けは、次の通りです。

第1レーン:石森虹花・長濱ねる
第2レーン:今泉佑唯・尾関梨香
第3レーン:上村莉菜・渡邉理佐
第4レーン:織田奈那・守屋茜
第5レーン:小池美波・米谷奈々未
第6レーン:小林由依・佐藤詩織
第7レーン:齋藤冬優花・平手友梨奈
第8レーン:志田愛佳・鈴本美愉
第9レーン:菅井友香・土生瑞穂
第10レーン:長沢菜々香・渡辺梨加

第10レーン(長沢菜々香・渡辺梨加)に並びました。

15時29分、握手会開始です。

野崎「ここは天然レーンですか?」
渡辺(笑顔、ここで剥がし)
野崎「こんにちは」
長沢(笑顔、ここで剥がし)

剥がしは早めでしたが、
長沢君とは粘れば会話が一往復できそうな感じでした。

会場の中と外でCD販売が行われていましたが、
買い足すことはせずに終了しました。

欅坂については「欅って、書けない?」くらいでしか
知ることはできませんが、注目していきたいアイドルです。

曲を聴く限り、70年代アイドルを髣髴とさせるようなイメージでした。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

nozakisensei

Author:nozakisensei
LEC関西公務員講座 専任講師の野崎靖仁です。
専門では行政系科目(政治学・行政学・社会学・国際関係)、
教養では人文科学(日本史・世界史・地理・文芸・思想)・社会科学(政治経済)・自然科学(生物)の担当です。

FC2カウンター

フリーエリア


ジオターゲティング

フリーエリア

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム